早春詩


まだ、パンデミックには至っていないが、
新型コロナウイルスが猛威を振るう中、
日本海側では、今シーズン初の大雪との事
立春も過ぎ、暦の上では春だが、春とは名のみ、
予報では岡山県も暫く寒さが続きそうで、

まさに日本列島 極寒の真っ只中。

そんな寒波の中にあっても、自然は確実に春の到来を
告げようとしている。
ウイルスを?感染させないよう、マスクをつけ桜の蕾に
濃厚接触し、細かく観察、当分咲きそうな様子はないものの、
蕾は確実に膨らみを増しつつある。

CIMG2482.jpg



桜並木を更に歩く おっ! あった! 
青空の中に・・・一輪の薄紅が 浮かぶ!
暖かい春を待ちかねた 清らかな乙女の姿が・・・


咲き初めの
  一輪だけの 清らかさ 
     春待つ気持ち 滲ませて咲く  詩 誠

CIMG3213.jpg


蒼空に 
   色映えて見ゆ 河津桜 
     春短しと 一足先に  詩 誠

DSC_0121s.jpg

紅色に 
   艶やかに咲く 寒桜
     雲引き寄せて いろ優り見ゆ  詩誠

    ※いろ優り見ゆ紅色が更に美しく見える
 いろ=色気
艶やかさ
 優り=優れている⇒紅がより綺麗に

※追記
世の中、少しずつ 少しずつ 暖かくなって行く
小川のメダカ、土手の優しい日差し、つくしの坊や、

明るい笑顔 蒼空に花びら舞う僕達の季節
もうすぐだよ。




 

この記事へのコメント

2020年02月08日 16:26
『早春賦』という私の大好きな
唱歌がありますが、素敵な「早春詩」を
発見なさいましたね。ここ2,3日、
東京は寒波に見舞われて、「春は名のみの
風の寒さよ」状態ですが、咲き始めた
一輪の河津桜に心慰められました。
詩 誠
2020年02月08日 21:26
yasuhikoさま
>東京は寒波に見舞われて<
そうなんですね・・・TVでも・・・

こちらも寒い寒いと云いますが、
みぞれが 降ったのも数十秒程度でした。

今年は、まだ 水たまりの表面に張る
氷さえも 見ていません。
桜もあと10日もすれば咲くように思われます。

いつも有難うございます。
sora
2020年02月10日 09:51
こんにちは。
青空の中、春を待ち焦がれて咲く一輪の花が
とても愛らしいですね。^^

そして、コメントをありがとうございます。
木の葉は私。悪魔の足も私自身の足。
この詩は遠い昔に綴ったものですが、
この頃の私は、自分自身の嫌いな部分が大きく、
この詩と心を重ねていたのかも知れません。

ありがとうございました。^^
詩 誠
2020年02月11日 16:24
星空さんへ
※突然 サヨウナラする 木の葉
落ちて総ての終わりに悪魔が降臨し踏みつける
出会いと別れは日常茶判事の出来事
木の葉さん又どこかで逢いましょう。元気でね。
落ちたら必ず新しい出会いがやってきます。
新しい芽が 明日を待ち望んでいますよ。

おっと僕には永遠に来ない気がするが、もしも来てくれるなら、
悪魔より僕には 妖精のような可愛いらしい悪魔が 好きです。
有難うございました

sora
2020年02月16日 20:15
此方へお返事をさせてください。

>>でも・・・寒い
そのままの意味で、この日は気温も低く寒かったです。^^

> コメントと関係が・・・
ブログ記事は数日分をまとめて予約投稿しているので、
コメントとは、全く関係ありません。
お返事をする前に、次の投稿が掲載されてしまう事も
多々あり、コメントをくださる方々には、
大変、申し訳なく思っています。<(_ _)>
2020年02月17日 12:58

  こんにちわ。
コロナウイルスが新たな段階を
むかえたことを国も認めたようです。
見えない脅威にはどうしても情報が錯綜しがちですが
正しい情報を自分のなかでまとめながら
落ち着いた行動を心掛けようと言い聞かせているところです。

最後のお写真 美しいですね。
>雲引き寄せて いろ優り見ゆ
、、の表現とお写真のリンクがみごとだと思いました。
詩 誠
2020年02月18日 19:27
星空さま
僕が暖かさの感じられないコメントを書いたような
気がして、それに対して「寒さを」素直に表現されたのかと?
思いました。
素直に読み取れば良かったのですね。

※僕には文字が発する感情を読み取る能力が 無いか
あるいは落ちているのかも知れません
お手数をお掛けしました。
有難うございました。

詩 誠
2020年02月18日 19:36
小枝様
>雲引き寄せて いろ優り見ゆ<
上記の表現を誉めて頂き恐縮です。

※ですが、
古今集の中に「今ひとしおの 色優りけり」とあり
一部分をとって「いろ優り見ゆ」と変化させただけです。

有難うございました。
ゆらり人
2020年02月19日 09:42
お久ぶりです。
どうも最近、出不精に拍車がかかりじっと自宅待機し、ゆらりは炬燵で丸くなる状態が続いていましたが、確かに外に出ればもう春の気配が一杯になっていますね。
コロナの兆候はないですか、夜な夜な明かりを求めて関係を結ばない様にしてくださいね。
我が家は軽ですから濃厚接触できるところでは、相手にしてくれませんから大丈夫ですよ。
 桜ちゃんの蕾も危ない人は分かっているんですね、マスクで顔を隠しても感受性の強い桜ちゃん、でも本当は気になっているのかしら・・・・・・。
体調には充分お気を付けてください。
詩 誠
2020年02月20日 19:31
ゆらり人殿
>夜な夜な明かりを求めて・・・・<
あの~ねぇ~ ゆらり殿
中身からHでスケベー男である事は間違いなく認めますが、
これを除くと何の取り柄がなくなります。

しかし自分が云うのも変だけど 意外と心は思いやりがあって、
優しいことは知ってるでしょう
これから花開く蕾にさえもマスクで対応する位ですから・・・

この優しさを女性の人だけには強調して宣伝して下さいね。
宜しくお願い致します。
有難うございました。

sora
2020年02月24日 09:16
> 蕾は確実に膨らみを増しつつある。
この桜の蕾は、もう咲きましたか?^^

> 総てが ない ない ないばかり
そうですね。詩誠さんの仰る通り、
そう考えてしまうと、哀しいですね。
でも「ない」の裏側には、必ず「ある」が
隠れている様な気がします。
そして、何よりも、一番大切な想いは、
誰のものでもなく、自分自身の心の中に「あり」
それは、とても幸せな事だと思います。

コメントをありがとうございました。
詩誠
2020年02月24日 17:02
星空さま
>「ない」の裏側には、必ず「ある」が隠れている気がします<
※なるほど、前向きに考えることは大切ですね。

>蕾は咲きましたか<
あの桜の木は既に5分咲きですが、 僕の大好きな花は、
まだまだ美しさを充電中なのか本当の姿を見せてくれません。
しかし、僕の想いは?
いつまでも蕾のままであってほしいような、
反対に 早く咲いて欲しいような複雑な気持ちです。
この気持ち通じるでしょうか?
有難うございました。

この記事へのトラックバック