愛しく 愛おしい



※薔薇は昔から 愛と美の象徴と云われ、
白い蕾は花言葉で 恋を知らない少女時代、

咲いた白いバラは「純潔」「深い尊敬」とある。


おさなさと

  優しさ包む 白い薔薇
    高貴な気品 漂わせ咲く  詩 誠


※写真を見つめていると

ふくらむ蕾を、 優しく 包み込み、

花びらが、淑やかさと高貴な気品を

漂わせている。

その風情は母親が おさな子を、おくるみで包み、

優しく
そっと抱いている イメージが浮かぶ。


※花って! どうして
こうも、
人の心を和ませ 優しくしてくれるのだろう?

男心を知り尽くしているのでしょうか?
それとも
何も知らずに咲くのでしょうか?




この記事へのコメント

yasuhiko
2020年01月09日 21:29
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
本当に、美しい花には人の心を捉えて
放さない気品のようなものが感じられますね。
今年もよろしくお願いします。
ゆらり人
2020年01月10日 09:23
おはようほざいます。
昨年に横着をして年末年始をまとめて書いて、だら~~~っとしていたらもうこんな日になってしまいました。
改めて今年も宜しくお願いします。
詩誠さんの運勢は良いですね、人に頼られなんて素敵ですよ。
私は」今日10日えびすに行っておみくじを引いてきます。
今年も何かと頼りますからしっかり」元気で寄りかかれるように立っていてくださいよ。
あちらの方もね。
バラを見ていると反面、含意柄目に覆われて身動きの取れない愛かもしれませんね。
優しそうで独占欲が強く・・・・・でも一度でいいからそうされて見たい私です。
今年も馬鹿げたお話に終始しそうな私です。宜しくお願いします。
2020年01月10日 19:19
Yasuhikoさま
>本当に、美しい花には人の心を捉えて・・<
その通りですね 花屋さんの前に行くと、
いつも人だかりがしていますね。

男だって美しく綺麗なものは惹かれます。
美しい、綺麗のみならず、
特に何か心を引かれるものを感じたら・・・・
有難うございました 。
2020年01月10日 19:27
ゆらり人殿
>元気で寄りかかれるように立っていてくださいよ。<
※任せて下さい。
立つことについては、子供のころから日常のことなので
慣れていますから・・・
学校に行けば罰で立っていました
青春時代は自然発生的に本人に無断で勝手に立ち上がって
恥ずかしさに困ることも度々ありました。

>優しそうで独占欲が強く・・・・<
ゆらり殿だって、そうでしょう
こんなに可愛らしい花から見つめられたら、気絶するでしょう。
そして自分の年齢を忘れて頭の中が花で満開になり、
独り占めしたいでしょう。
そうなれば・・・
多分、今、一生懸命作成中の作品も放り出して、
足の痛さも忘れて、走り回るでしょう。
それが愛の本質ってものですよ

おっと、最近は少し ゆらり殿、変化してきましたね。
相手の気持ちを最優先に考えるように・・・
それに少し ゆらり殿、高貴な気品が漂ってきましたよ。
僕のような良き友がいるからでしょうか?
有難うございました

この記事へのトラックバック