テーマ:恋歌

徒然草&恋

※心を重ねて小さな 花びらのいちまい  一枚をなんども 何度も恋しい人を 想いくりかえし 繰り返し想いを 重ねていく 互いを 信じて重なる 花びら想いも 心も 一つになり重なった 心が 純白のハートを 形作っていく 信頼が 重なると 互いの想いも 重なる心が 一つに 溶けやがて 唇も 重なる  ※ひとつ づつ  重…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

風の伝声

風の話を聞きながら風と手を繋ぎ 一緒に歩む風が通り過ぎる 向こう側の道子供二人が走って行く川の中に広がる青空の中をすだれ風が姿を現し足跡を残しながら大騒ぎ子供を追って 水面を走り抜けて行く ※青空と雲と風青い風が、雲の形を変えながら 一緒に空を流れている ※我が影を    水面に写し 流れ行く         青空慕い 切…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋の声

秋と云えば、一番に思うことは※実りの秋=恋の実る季節=美味しい果実※どこまでも高く碧い空※スポーツ、読書の季節※理由の判らない、もの寂しさ※秋の初風秋の風と云えば、ススキの穂が、首を垂れて風に揺れる様は、もの寂しさを感じさせます。さわさわと  秋の初風 渡りゆき    残るススキの 寂しき姿   詩誠作      ※秋の初風=秋の訪…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

恋の細胞

※青春の   夢の浮橋 渡りつつ     女の命 透かして見せる   詩 誠   ★女のいのち???※「夢浮橋」源氏物語にあり、現実に見えない世界に、架け渡す橋とある ※愛しさに  夢の浮橋 渡り行く     恋の細胞 激しく燃やし  詩誠※恋愛細胞夢の浮橋を渡り思いを結び合った後一泊旅行に誘う 嬉しい! 行きたい・・・  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more