幻の蝶

第1章 柳並木が美しい 橋の上    夏祭りの音楽祭で楽しそうな顔 顔 顔 蝶の刺繍入りの ジーパンをはいた娘が 横を通り過ぎて行く 蝶パンから顔へ 自然に眼が追いかける 青春時代の記憶が 突如蘇る あの人も同じような 金粉の蝶模様の スカートを着ていた 第2章 網戸越…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛に生きるとは!

どんなに 愛し合った二人でも 別れた瞬間から 他人と云う。 総てを失っても 僕には未来がある 別れても 死んでも  誰が どう云おうと 君は他人じゃない 今でも愛しているから・・・・ 愛は誇り高く 愛する人は他人? ? シルエット・ロマンスハーレクインカレン・ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高原の香り チーズ

岡山県北の旅 岡山県の北部、蒜山高原へ ドライブ  途中、有漢に立ち寄る  風車と云えば子供のころ紙で作った物を 思い出すが 此処では石で作られている こんな重いものが廻るのと思いきや?  動力源は風のみで、ゆるやかな風にも 廻ります。 自分で見ないと信じがたいものですが。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狂い咲き

狂い咲きとは、時節外れに 花が咲くこと 比喩的には、とっくに盛りを 過ぎているのに 勢いを盛り返すこととある。 我が家の庭にも 背の高い木蓮があるが、 今まさに、狂い咲きの真っ最中で 春の時期と比べて 花びらの色も 厚みも しっとりとした 潤いを保ち 深みのある 大人の色香を感じさせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10数年に一度の花

鉢植えのまま、家の中で10数年間 育てていた観葉植物の 葉と葉の根元から、1本の茎が伸びて来た。 当初は葉が1枚増えたものと思っていたら先端が蕾状に変化、 次第に膨らみを増してきた。 過去、花を付けたことはなく、奇跡的に咲いた花と思い ネットや図鑑でチェック、名前を知らなかったので見つからず、 これは奇跡の花だと大喜び、でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕は ひょっとこ

山陰旅行のお土産に ひょっとこ饅頭を頂いた ネットでチェックすると、火吹き竹を使っている表情が 火男(ひおとこ⇒ひょっとこ)となったとの説があるようです 口をすぼめて顔を思い切り曲げ、おどけた表情の 面白さは、笑いと笑顔の真っ只中にいる事は間違いない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栞(しおり)

本に挟んだ しおりを見ると蘇る あなたが 居てくれたから、 僕にも青春があった 大きな孫がいる今でも あの時代を 優しく 思い出させてくれる 出来る事なら 有難うの言葉を 沢山 沢山 一杯 いっぱい 伝えたい ほうんとうに 有難うね。 ※下記をクリックで私のホームペー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クジャクサボテン

毎年思う事だが、薄く よわよわしく 頼りない葉っぱから 何故こんなにも 鮮やかで 美しい見事な花が咲くのか 本当に不思議に感じる 目が覚めるような美しさとは、きっと!このことだろう。 だけど、美しい時間は短い、しぼんだ姿は見たくない 人生 2度と戻らぬ時を、大切に生きたい! …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

家族の絆

倉敷吉備 鶴の里 鶴の雛 2015年4月29日誕生と掲示されていた 鯉が泳ぎ、白鷺等の鳥類が生息する自然池の周辺 子育てのためか、鶴の一家が飼育場から放たれ 大自然の中を のんびりと生活している 立ち入り禁止区域も設定されていて 人から離れているものの、多数のカメラマンにも 気にする様子は見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汚れなき天使

※鈴蘭の     夢の揺り籠 観覧車          優しい明かり 灯して廻り うつむいて咲く すずらんを見ると 可愛らしく可憐で 我が身を飾らず、 清らかで余分な美を意識させない 汚れなき天使を想像させる 優しい明かりを灯した、鈴の観覧車が ゆっくり 廻り始めると …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命の煌めき

八重椿 花びらを じっくり眺めていると  絹織りのような肌の、きめ細やかさは 咲き誇る薔薇と 見紛うばかり・・・ 花も 命の儚さを知っているのか 一瞬を全力で煌めこうとしている 短すぎる その一瞬の時を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風 花

※遥かなる 無限の舞台 風たちが踊る 空の大回廊 まわり舞台を 舞いおりる 風花 地上にたどり着くと 静かに姿を消してゆく         "春" 空がコートを脱ぎ捨てると          地に消えた 風花が現れ           桜の花びら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日プレゼント

今月は夫婦ともに誕生月でした。 私の誕生日は 前日に妻から 外食の提案があり 銀行からは 防災用品セット進呈の案内、 また大手家電量販店からは 10%割引券と 粗品進呈の郵便物が届いた。 ノートPC用のポータブルHDと 2台のプリンターのインクを 割引券を使用し まとめて購入 消耗品の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白梅&黄梅の性?

※今年も我が庭に、白梅が一輪、 遅まきながら 咲いた 梅の花    青空纏い 爽やかに      我一番と 際立ちて咲く 咲き初めも綺麗だけど、 咲く直前の、蕾の可愛らしさは いと愛らしく、可憐で清楚感に 溢れ、 春の喜びが大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

切なく苦しい ...

恋は理由もなく 突然訪れ すべてを飲み込んで行く 気持ちが急激に 浮揚を始め その瞬間から 周囲が見えず 相手のこと以外は目に入らない 二人の距離が近づくと 夜も昼も 晴でも、嵐でも   花が咲いても 散っても 空と 僕との間にあるのは 君の瞳だけ 逢えない時は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーヒーカップ

※美味しいコーヒーを飲む それはコーヒー豆の本来の香りを味わう・・・と 云う事かと? それには 1.第一に新鮮な珈琲豆を使用すること 2.賞味期限ではなく、大切なのは 焙煎した日から飲むまでの鮮度が勝負 「豆のまま」で購入し、鮮度を保ち 保管は酸化防止を計る事が大切。 お湯の温度は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目覚め

       ※目 覚 め かたい蕾が 春の鼓動に誘われ 宇宙の眠りから目覚め ふっくら ふくらむ 幼い春と夢が 互いに響き合い 胸を揺さぶる 突然 蕾の芯が身震い 花弁の先が弾けた ※あとがき 膨らむ蕾の独り言 私 18歳 今が旬なの  春を感じると …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うら切り

   ※人は思い出を 抱いたまま 生きて行く、 捨てる事は難しい      ・・・・・・・・・・・・・ 本当に あれは現実だったのだろうか!  互いに 温もりを抱き 悦びに浸った日々 あんなにも 愛しみ合ったのに・・・・・  君との風景が スライドのように 心の真ん中を 通り抜けて行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年を迎えて

今年も新たな、新しい年を迎える事が出来た 新しい年を、新年とも 新らたな年とも 表現する どれも意味は同じことだが、僕は少しだけ異なって 考えるようにしている 新らたな年? それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広くて 小さな空

※遥か遠く 果てなく続く 広い空 地上から見える 大きな 空間 何もない ゼロ なのに、 星  月  地球  太陽 全てを包む 空  ※空は ギャラリー アート 空は いろんな色に 塗り替える キャンパス 朝焼け 夕焼け 美のグラデーション 美しい光の オーロラの カーテン   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倉敷 屏風祭り

昨日18日ー19日の両日、倉敷市の美観地区において 町屋、商家、旅館などによる自慢の屏風が披露された。 この祭りは江戸時代、文化文政(1801~1830年)頃より、 阿知神社の祭礼に合わせ、町内の各家が、通りに面した 表の格子を取外し、自慢の屏風を飾り、花を活けて 人々をもてなしたと云われております。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君は美しい!

君は美しい! 何故 こんなに美しいの? 誰の為に・・・  こんなにも 美しく咲いたの? 眩しいほど 清らかで 途方もなく 透明で  どんなに美しいか  君は 知って咲いたの? ここをクリックで My home page  に飛びます 是非、覗いてみてくださいね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

要求不満

昨今の男性20代~50代では、性への要求が草食系へと顕著に なっていると云う。 その為か、既婚女性も、セックスレスが増えているとも聞く。 中高年の既婚者の場合、配偶者に求めても、おなざりのセックスに 終わることの方が多く、満たされない人は自慰行為に移行する女性が 増え、家庭に無い刺激や癒しを求めて不倫への要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清らかな想い

雑草の陰に 隠れるように  そっと咲く      小さく 可憐な花 清楚感に 溢れ 今咲ける 喜びを 全身で 表現している 見て! 私、 今が青春なの 少女の 溢れるばかりの 喜びの声が 聞こえて く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

切ない想い

  ★心に秘めた風鈴を揺らす     チリ~ン       可愛い音色が返ってきた   もう一度 チリン チリ~ン!     ★この前 この音さえ聞かなかったら       今 こんなにも苦しく          切ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

移り変わり

季節が 駆け足で行くなら  居眠りしてたって   再び巡ってくる 過ぎて いくものは、  やってくるもの 大切なことは   一つのものを 二人で見つめることだよ  走っても 止まっても   どれだけの 違いがあるだろう       時には後ろに さがったって いいんだよ  二人で 手をつないで   歩いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雛めぐり

早春のお雛様めぐり 倉敷市児島味野の重要文化財 旧野崎家別邸には、 段飾りの豪華なお雛様が見事に並べられている 様々な年代のものがあり、雛の種類に享保雛 古今雛 芥子雛  立ち雛が所狭しと飾られている 時代によって人形の顔のつくりが異なる点を比べながら 観賞すると興味深く楽しめる この写…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

愛の証拠

     雪の日      蝉の抜け殻が 二つ       身体を寄せ合い       夏に向けた      生命の再生を      夢見ている           命を生む           愛の証拠が           …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

我が家の4っ子の記録

※8月12日 我が家の植木に小鳥が巣をかけ、この暑い中、 一日の大半 巣の中に座り込んで卵を温めている 親鳥が留守の時を見計らって、アルミサッシの小窓を開け 観察用のビニールシートを張り、小さな覗穴を開ける ※8月20日 子供が誕生  子供の誕生を目視確認(複数は分かるが何匹か不明) ※8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛に生きる

    花園の中で    本当に好きだった花は    たった 一つだった    その花には    青春の総てが    詰まっていて    今も忘れ得ぬ    一生の記憶       しかし …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広い空

大きな 大きな 広い空 遥か遠くに ありながら いつも一緒だよって 身近に寄り添う 大きな空 そんな優しい空君だって 狂ったように 大声で泣き  大雨の涙を流すことがあるんだよ 君に逢いたいってね ※コメント  見えなくても大切な人は  いつも側にいるよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日差し

初冬、風の冷たい昼下がり 穏やかな日の光りが窓に差込み 優しい喜びを伝えてくれる その 日差しが 君の優しさしを 思い起こさせ 心が次第に温かくなってゆく やがて 心の芯が ピンクに染まり 君と重なり 心が透明になって行く …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不 滅

狂おしく 愛し合い 一番大切なものを 与えられ 僕も捧げた それは 遠い昔の出来事 なのに 愛しい妻の 微笑みの中に あの時の切ない顔が 忍び にじむ   ※妻の笑顔の中に   青春時代の恋人の顔が   ふ~と浮かぶ   夫婦で逢ってみたい。   不滅とは?永遠に滅びる事無く …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラム

敬老の日 回転椅子に座ったまま外を見ると、ベランダに初秋の光が 優しく差し込んでいる TVによれば台風16号が朝鮮半島に向かい済洲島に 接近しているようだ 観葉植物の葉が、レースカーテンを透して葉と影が共鳴、 光の旋律を奏でながら幻想的に揺れ、初秋の喜びを ふり撒いている 妻は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生の収穫期

※人生という風景 風景がゆっくりと移り変わって行く 悪戦苦闘して辿り着いた所は やがて すっきりと晴れ渡り 感動と喜びが待っていた 人生は季節の移り変わりに似て 絶望の中にあっても 微笑む一瞬は必ずやってくる 人生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華麗なる交尾

蝉の交尾 庭の蝉が、火がついたような激しさで鳴く 蝉が鳴くのは求愛行動の一つで、オスは微妙な鳴き声で、 メスを誘い、近づいていくと云う。 蝉は種類によって鳴き声が各々違い、その鳴き声を聞きつけ 同種のメスが近くにやってくる。 どのようにしてメスと判断するのか知らないが、その行動は速い …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七日目の蝉!

地上に落下し 自由に飛べた 羽根が もう 動かない 眼球だけが鋭く 虚空を つかんでいる その眼光の先に あるものは 大空を舞った記憶でも これから行く  天国への 想いとも違い  それは  求め合い 激しく合体した あの 一瞬の歓びなのだ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝉!

我が家の庭の蝉、  狂ったように鳴く、 暑さも一段と増す、  あと数日間の命と思えば・・・・・・・・  時は今   満開の命は短い    愛を求め 燃えさかる  私は男     熱い血がたぎり 溢れ出す   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の体調管理法

★エアロビックス   躍動美・・・・それは美しい 顔や目鼻立ちなどが、美しいからでなく しなやか肢体の動きを、性的な美とは違う 均整のとれた健康美を美しいと感じて 受け止めている為だと思う。 見ているだけでも楽しいが、自分が参加する事で、  より喜びが増幅し、身体の色彩が健康的で豊かに なるように感じている 女性が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

白 桃

岡山県は季節ごとの豊富な果物の産地ですが桃太郎伝説を からめて、今の時期は特に桃が有名で美味しい時です。 その中でも桃の王様的存在である清水白桃は、7月下旬から 8月上旬にかけて収穫されます この清水白桃は1932年に岡山の桃園で偶然に発見され 和歌山でも、生産されている品種で、他の桃と比較し 皮も果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コラム

テーマ 恋の残り火! 今朝の読売新聞の文化面に渡辺淳一さんの新作 「天上紅蓮」が紹介され、平安時代の貴族社会の 艶めく一首が載っていた      ↓   うつつとも      夢ともいまだ 分きかねて         ただたしかなる 君のやは肌 ※高齢となって恥ずかしいからと恋を表現する事を 避ける人は多いと云…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポエム 愛の絆

カッチ コッチ  カッチ コッチ  秒針が 一定のリズムを刻む 時は常に 未来に向けて進み 針が逆転、過去に戻る事は ない 前へ 前へと 進む 命も その到達点は 死! 死に向って  一秒も遅れる事なく 歩み続け 未来の扉を 押し開き前に進む 常に 人は …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポエム 予  感

向き合った瞬間 鼓動が ドックン! ドックン! ドックン! 大きく響く 何かが 始まる予感に 頬が熱く硬直 見るも 何も見えず 何が何だか 判らなくなり 総てが 視界から消えた ※下記のPOEMを  クリックして下さい  クリック⇒POEM
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

短歌 紫陽花

紫陽花は雨に濡れてこそ鮮やかさを増す花。 晴れて天気の良い日は、白茶けて綺麗とは 決して思えない。 だけど・・・ 夏の季語とされている為か、僕には浴衣姿を 思い起こさせ日本的情緒を感じさせる花と思う。 ★ネットで「紫陽花」の名をチェックすると 唐の詩人が別の花に名付けたものとあり、 平安時代に、この漢字をあてはめて…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

海外クルージング

★船の旅 船名 COSTA Romantica (イタリア船籍)  ※6泊7日 一週間だけの海外クルージングを夫婦で楽しみました。 今回はエンタメ等の写真の一部分のみを紹介したいと思います。 船内はイタリアン、スタイルにこだわるコスタの情熱を凝縮した客船で豪華な 雰囲気を保ちながら希少な木材やカララ大理石が使われ一流アーティスト…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ポエム 大 空

テーマ 大 空 遠く 見えない位 果てなく続く 広い空 遠く 遥か彼方にありながら   望遠鏡がなくても 見える空 月 地球 太陽 海    どんなに 大きなものでも  全てを包む  大きな 大きな 大風呂敷の空 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

牡丹と蝶のアニメ

我が家の庭に咲いた真っ白な牡丹と アゲハ蝶のアニメ画像を作ってみました。 蝶のタマゴが還り虫となり、葉っぱを食べ 更に、さなぎに妖変し蝶となっていく。 アニメを作りながら、人間がこれ程、大きく 変化できるとすれば、 蝶人間もありうるかもと・・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more