忍び恋


風の通り道

風が通り抜ける 風の通り道

二人だけの 忍ぶ道
言葉に出せない想いを胸に
寄り添い歩む 通い道
道の先には 美しい青空が広がる
CIMG3085.jpg


葦に隠れて 寄り添い咲く

清楚な愛らしい花のように

何も見えず 聞こえず
行ったり 来たり 繰り返す

心が桃色に染まった 夢空間
忍びの風が 通り抜けて行く


    CIMG4029a.gif




黙して 歩き続ける二人
夕日が胸に差し込んできて 
やっと手に 力が籠る
それでも 気持ちを 声に出せず
互いに じっと 想いを抑えてる

※思いが重なった時・・・二人は・・・・?
忍び恋は 自分の心と心の 決闘なんだよ 


※恋は決闘です。
もし右を見たり左を見たりしていたら敗北です。
   ロマン・ロラン (フランスの作家)  




※浅茅生の
    小野の篠原 しのぶれど
        あまりてなどか 人の恋しき
                 参議等   

意味が理解出来ないので、解説を見ると 
 
浅茅の野に 生い茂っている 篠竹の原
 しのぶ恋に 想い屈する私の心、 
 それも、もう忍び切れない
 胸に溢れて 隠しおおせぬほどに、
 どうして 
あなたが、こんなに恋しいのだろう。
 丈の低い茅が1面に生えている 野の情景は
 恋心をじっと抑えている 心の姿勢と書かれていた
 




※逢いたくて
    忍ぶに忍ぶ わが想い
        身を滅ぼせど 会いに行きたい

                   詩 誠







この記事へのコメント

2020年07月25日 12:26
この道すてきですね。
ご自宅近くの散歩道ですか。
空が広いし、真っすぐの道のようでいて、
いつの間にか、行く先が見えなくなって…。
どこに向かってるのか分からなくなる
迷路感覚が味わえますね。彼女と一緒で無くても、
一人でこの道を歩いてみたいと思いました。
2020年07月25日 17:20
yasuhikoさま
>自宅近くの散歩道ですか?<
この道はいつも、ご紹介している川の中に作られた道です。
カップルで歩くのも楽しいと思いますが、道の両側の葦が
お忍びの人には、もう少し背が高かったら・・・と思います
おっと、最近の若い人は関係ないですね。

    有難うございました。

この記事へのトラックバック