蝶の訪問



モンシロチョウの死


花畑を妖精のようにふんわり フワフワ
時にはジグザグに 飛んだり跳ねたり、
踊りながら飛ぶ モンシロチョウ 

そのモンシロチョウが 生きたまま動かず
横たわっている
そう! 今まさに飛んでいたものが
突然死で落下したような、触れると直ぐに
飛び上がるような生々しい状態である

CIMG3545s.jpg



過去、死んで蟻が群がっている蝶を見た記憶はあるが、
屋内に入ってきて、倒れて動かない蝶は初めて見る
余りにも不思議な思いにかられ写真を撮り
そっと触れてみる、やはり動かない

生きているのでは? との思いに 放置も出来ず
そっと葉っぱの上に寝かせて写真を撮る
鉢植えの花に気づき置き換えてやる
CIMG3548s.jpg 

少し安らいだ気持ちになり、ネットでチェック。
すると、羽化後は2~3週間の寿命とあり
死者は蝶に化身して帰還すると考える人も
いるらしい。



※ガラス戸越しに庭を眺めると蝶が飛んでいるのが見えた
CIMG3519s.jpg


※眺めていると死んだ蝶を思い出し見に行く、
まだ葉っぱの上に乗ったままの状態である
ネットで見た 蝶は死者の化身・・・の
文章を思い出し身内への想いが甦ってきた

良し!ならば もう一度
花を楽しませてやりたい
そんな気持ちが大きく膨らむ

妻に協力してもらい
蝶をつまんで、手の平を丸めて乗せ
庭の花から花へ、次から 次へと
生きてる如く止まらせてみる

※最初はチューリップの花弁の中へ
蝶自体が、まだしっかりしており、花びらを支えに、
比較的簡単にセッティング出来た。

CIMG3549s.jpg


※新鮮に咲き誇る白い椿
・生きている蝶のように見せたくて蝶のポーズを
 固定するのに苦労した。
 少しの風だけでポーズが崩れたり落下する。
 写す直前の風で落ち、蝶を見失う
 落下地点より1m位離れた落ち葉の上にあった
 なんとか再セッティング
CIMG3567s.jpg


※鉢植えの黄色のパンジー
日常的に蝶たちが遊びに来ていたので・・・・
CIMG3569s.jpg


※まだ 咲き初めの藤の花
蝶がまるで生きてるように見えるのが嬉しい
CIMG3568s.jpg


※フリージャ~
簡単に落下するので蝶を固定するのが難しかった 
CIMG3571s.jpg


※ボケの花
 終わりの時期ですが、何か月も楽しませてくれています。CIMG3572s.jpg


※白い蝶には白い花
 今を盛りと咲き乱れている
 これにもと・・・・
CIMG3574s.jpg


※サクラ草
カッコよく写り、蝶も大満足そうです。
CIMG3582s.jpg


※最後は蝶が風に飛ばされないよう
花の茎が重なり合った奥に、そ~と置いてやった。

(矢印の下の白い花の奥まった所)

部屋に戻り、再び蝶を置いた白い花を見ると
その場所から蝶が飛び立ち天に昇って行った。
勿論、偶然で他の蝶であることは間違いない。


CIMG3584s.jpg


※写真を撮るのに苦労した事

・花びらに蝶をとまらせる時、何度か落とし、
 その都度、蝶をつまみ直す必要が生じたこと
・蝶を手の指でつまむ時、羽根が傷つかないよう
 形が崩れないよう丁寧に扱う必要があったこと。

・生きている蝶のように見せたくて蝶のポーズを
 固定するのに苦労した。
 (少しの風だけでポーズが崩れる、落ちる)

※不思議に思った事

 ・洗濯物干し場、ランニングマシン、給湯器等の
  置き場に利用している屋内に、蝶がどのようにして
  侵入して来たのか? 何故そこで死んだのか?
  不思議でならない。
 ・蝶が生きていると思えるほど美しく整っていたことも
  同様です。
 ・死者が蝶に化身して帰還する・・・と云う 文章に
  接し、身内の帰還と合体し思い、生々しく感じた事




この記事へのコメント

yasuhiko
2020年04月17日 21:30
夏の終り頃、そろそろ寿命を迎えようと
してるセミが、ベランダや階段で
横たわってるのを見かけることがありますが、
チョウの場合は珍しいですね。
羽化してからの寿命の短さは、チョウも同じ。
静かな寝姿に、命の尊厳のようなものを感じました。
詩誠
2020年04月19日 20:42
yasuhikoさま
卵から~さなぎ~羽化
この羽化迄の間に外敵に食べられたり
何らかの事故で死ぬものもいるでしょう
羽化してからも2~3週間の命
儚い命ですね。

うつくしき
  胡蝶のはての 浮世哉 (正岡子規)

※浮世=儚い、つらい、苦しいなど・・・
生きているもの全て共通ですが美しい時間
楽しい時は短く儚いものですね。
有難う御座いました。
ゆらり人
2020年05月18日 10:01
確かに昆虫などは羽化してから一仕事終えると短いですね。
蝉の抜け殻を沢山見つけると、そんな思いがよく感じられます。
 昆虫などは成長しほんの少しの命を一時でも楽しんでいるのでしょうか、
そう考えると人間は恵まれていますね。
沢山の喜怒愛哀楽を経験してね、昆虫などは有るとすれば戦いしか無いのかもですね。
2020年05月18日 16:34
ゆらり殿
>人間は昆虫と比較すると恵まれていますね<
まったくその通りですね
でも、僕は昆虫には昆虫にしか判らない大きな
喜びがあると思っていますよ。
だから、蝉なんかは大満足だと、
最後は、ふんどり返って寝ているのでしょう。

それに反し、僕なんかは要求不満がたまり
寝付けそうにありません。
有難うございました

この記事へのトラックバック