秋 色


※ふと見える、視線の先には、青い空、
花も 秋独特の渋みのある深い色
山では、総ての色が、コラボしながら燃える紅葉、
それに夕焼け空の、妖しいまでの美しさ!
水と空気! 色を感じさせない、秋特有の清々しさ

こんな、秋ならではの色を探してみました。

※春夏秋冬の四季も、色分けされ区分されていると聞きます
  春=青春=  夏朱夏= 
          秋=白秋=
   冬=玄冬=
 

※何故、秋が白色なのか判らないが、

秋は、沢山の色を持つ季節でありながら、
総ての色を映せる白いキャンパスであり
清々しい空気と透明な水が、色を感じさせないからかも

※秋色のみを特定するのは難しいけれど
ここで表現したい秋色とは、秋ならではの色のことで、
同じ色でも、他の季節と異なり、これこそが秋色と思える

深みを感じさせる色のこと、これを身近な所で探し、

写真にまとめてみました。
とは云え、一般的なデジカメ&スマホの為、

思うように表現出来ない悔しさは残るものの、

自分勝手に、これこそが秋色だと思ったものと しました。 


※私は、秋の色と云えば、真っ先に思い浮かぶのは

秋 独特な澄み切った空気と、
どこまでも青く高く透明な碧い空です。

※この写真、近くの公園にて、スマホで写したものなので、

その色彩と感激を伝えようもないのですが、
どこまでも透き通り、吸い込まれるような美しさでした。

IMG_0001_BURST0020001.jpg

※他の季節では望みようのない程、秋の独特の深い碧い色!
これこそが、僕にとっての秋色なのです。

DSC_0105s.jpg


※青空に浮かぶ まだら雲! 背景の空の色も特別色でした。

00200001.jpg


※清涼感を伴って流れ行く水、空気 

川面に映り揺れる雲が、まるで生き物のよう・・・
00220001.jpg



※太陽が昇り、黄金色に染めて輝く川面を

 狙って写したのですが・・・


※川面が黄金色に輝く様子は、
この世のものとは思えない妖しい美しさ! 
秋の透明で 透き通った空気も、お手伝い?
まさに 一期一会 
荘厳に輝く命のように 人生一度だけの輝き・・・・

DSC_0094a.jpg


※陽が昇るにつれ、川面に広がる輝きが次第に優しく変化
素敵な今を作りながら、黄金色が帯状となって流れていく
僕も、一緒に流れ 生きている気がした

00280001.JPG


※秋の夕焼け
夕焼けと云えば、やっぱり秋
秋ならばこそ、見ることの出来る色

IMG_6448.jpg


IMG_7859.jpg

IMG_7854.jpg


IMG_7917.jpg



今 我が家で咲く 花達の秋!

※視線を我が家の庭の隅に落とすと、 

今咲ける 秋の花達が・・・
他の季節の色と違う、深い色味が滲み出ています。


※青空に適合して浮かぶ秋の薔薇

CIMG3123.jpg


※春ものと違い、赤は赤でも、秋咲きは、 
しっとり感を伴った落ちつきと、奥行きのある薄黒色が渋み 

深みを感じる赤を感じます。 これぞ秋色!

CIMG3109.jpg


 

CIMG3133.jpg


CIMG3098.jpg


CIMG3099.jpg


CIMG3122.jpg


CIMG3127.jpg


CIMG3079.jpg


CIMG3097.jpg


※秋の蝶 秋が深まって姿を見せてくれた黄色蝶
蝶の黄色も 一味 違って見える

CIMG3105.jpg


※庭にある、藤の花の葉っぱですが、から黄色の薄絹に
衣替え中のものを見つけました。
僕の感性では、これも秋特有の色だと感じました。

CIMG3101.jpg

 


※ふと見える視線の先には青い空、
花では、春と異なる秋独特の渋みのある深い色
山では赤 青 緑 黄色のコラボで燃える紅葉、
夕焼けの空の美! 秋は、どこを見ても色の芸術
僕の人生で この秋、記憶に残る美の瞬間を

何度迎えることが出来るだろうか?



 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック